グルメ 鎌倉市

鎌倉市長谷の不思議な空間 ~手ぬぐいカフェ 一花屋~

鎌倉市長谷にある手ぬぐいカフェ一花屋(いちげや)は、古民家を活用したカフェです。店内は郷愁をそそるような雰囲気にあふれ、縁側に腰かけて食事やお茶を楽しめば、暫くの間昭和への旅を楽しむことが出来ます。

更新状況

  • 2022年6月20日:記事掲載

手ぬぐいカフェ 一花屋とは

手ぬぐいカフェ一花屋:外観

手ぬぐいカフェ一花屋:外観

手ぬぐいカフェ一花屋(いちげや)は、江ノ電長谷駅から歩いておよそ5分ほどのところにあるカフェです。コーヒーやジュース、ケーキのほかカレーやおむすびなどのランチメニューもあります。

どんな料理があるのかな?
こん吉

手ぬぐいカフェ 一花屋

住所 鎌倉市坂の下18-5
電話番号 0467-24-9232
営業時間 10:30~17:30 ランチタイムは12時ころから
定休日 火曜日・水曜日
アクセス 江ノ電長谷駅から徒歩およそ5分
カード・電子マネー カード不可 電子マネー可
禁煙・喫煙 全席禁煙
公式サイト てぬぐいカフェ一花屋(isnstagram)

お店の入り口

手ぬぐいカフェ一花屋:門

手ぬぐいカフェ一花屋:門

手ぬぐいカフェ一花屋:玄関

手ぬぐいカフェ一花屋:玄関

一花屋は長谷の御霊神社近くの路地にある古民家を利用したカフェです。門をくぐると引き戸の玄関があり玄関で靴を脱いでお店に上がります。

靴箱の上には福助を中心に、郷土玩具の人形が並んでいます。

手ぬぐいカフェ一花屋:下駄箱と福助

手ぬぐいカフェ一花屋:下駄箱と福助

店内の様子

店内は縁側部分にちゃぶ台の席とテーブル席、そして畳の部分に大きなテーブル席とちゃぶ台席があります。この店の一番人気はやはり縁側のちゃぶ台席ですね。

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ一花屋:縁側のテーブル席

手ぬぐいカフェ一花屋:縁側のテーブル席

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子(ちゃぶ台)

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子(ちゃぶ台)

管理人 sho
縁側のちゃぶ台席には先客がいたので写真撮影を差し控えました。

手ぬぐいカフェ 一花屋の主なメニュー

手ぬぐいカフェ 一花屋の主なメニューは以下のとおりです。

手ぬぐいカフェ 一花屋のメニュー(主なもの)

  • 季節の野菜と酒粕カレー:1500円
  • おむすびのお昼ごはん:1500円
  • 飲み物各種
管理人 sho
今回はメニューの写真を撮り忘れました。
手書きで楽しい雰囲気のメニューでした!
こん吉

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、営業時間やメニュー等が変わる可能性がありますので、詳細は事前にご確認ください。

チャイとチーズケーキ そして酒粕カレー

手ぬぐいカフェ一花屋:チャイとチーズケーキ

手ぬぐいカフェ一花屋:チャイとチーズケーキ

私がお店に入ったのは午前11時台だったため、まだランチタイムではありませんでした。ランチタイムになるまで外に出て待とうか少し迷いましたが、待たずにチーズケーキとチャイを頼むことにしました。

手ぬぐいカフェ一花屋:チーズケーキ

手ぬぐいカフェ一花屋:チーズケーキ

手ぬぐいカフェ一花屋:チャイ

手ぬぐいカフェ一花屋:チャイ

暫くは美味しいチーズケーキとチャイでまったりしながら、持ってきた本を読みながらランチタイムになるのを待ちました。

ランチタイムになってから「季節の野菜と酒粕カレー」を注文しました。

手ぬぐいカフェ:一花屋:季節の野菜と酒粕カレー

手ぬぐいカフェ:一花屋:季節の野菜と酒粕カレー

手ぬぐいカフェ:一花屋:ランチセットの紅茶

手ぬぐいカフェ:一花屋:ランチセットの紅茶

カレーを食べた後はセットの紅茶をいただきました。チャイを飲んでカレーを食べてさらに紅茶を飲んだおかげでお腹いっぱい。ゆったりした時間を過ごすことができてとてもよかったです。

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ一花屋:店内の様子

手ぬぐいカフェ 一花屋のまとめ

  • 手ぬぐいカフェ 一花屋は、江ノ電長谷駅から歩いておよそ5分のところにある古民家を利用したカフェ
  • 内部はちゃぶ台などがあり「おばあちゃんち」に来たような懐かしさ
  • 特等席は縁側のちゃぶ台席
  • ケーキや飲み物のほか、カレーやおにぎりランチもあります。

いかがでしたでしょうか。鎌倉大仏や長谷寺など見どころの多い長谷地区ですが、歩き疲れたら一花屋でひと休みするのもよいかもしれませんね。

交通アクセス

江ノ電長谷駅から徒歩およそ5分


この記事が気に入ったらフォロー!


参考文献・関連サイト

◇◇この記事をみんなに知らせる◇◇

-グルメ, 鎌倉市
-,

© 2022 かまふち